タクシー会社をさがす・料金を調べる・観光する 
ホームヘルプ
掲載日:2017.04.24

サポートセンターからのご案内 メールの署名、ビジネスメールの書き方<その1>


本日は、メールの送信マナーについてご案内いたします。
タクシーサイトでは「観光地をめぐる」「タクシーで働く」といった、事業者様と利用者がメールで直接やり取りを行うコンテンツがあります。

現在、メールでのやり取りは一般的になりました。
メールの書き方、マナーを把握し、送信相手の立場にたったメールを作成できるよう、本日は、最低限必要とされるメールのマナー5点をご紹介します。

  1. 宛先に間違いはないか。
    メールアドレスは一文字でも間違えば相手に届きません。大文字、小文字、英数字に間違えはないか確認しましょう。
  2. 件名は分かりやすく簡潔に
  3. 件名は、メールの内容が分かる様に簡潔につけましょう。
    この時、社名を付けるとメールを受け取った相手が誰からのメールかがハッキリするのでより親切です。
  4. 文章は改行を入れ読みやすくする
    一行は最大でも35文字程度が良いとされています。
    横に長い文章は非常に読みにくく、相手にストレスを与えます。
    文章が長くなる場合は、段落や空間を設け読みやすい文章を心がけましょう。
  5. 署名は必ず明記する
    企業のメールで署名は必要不可欠です。
    会社名、氏名、電話番号、メールアドレスは必ず明記しましょう。
    《署名の例》
    --------------------------------------------------
    株式会社 ○○タクシー 
    タクシー 太郎
    〒xxx-xxx 東京都△△区●●123-4
    TEL:03-0000-0000 FAX:03-0000-0000
    E-mail:xxxxx@xxx.xx
    --------------------------------------------------
  6. 最後に内容の再チェックを!
    宛先、件名、内容、署名に不備がないか最終チェックを行い送信しましょう。


送信されるメールは会社を代表するものです。
相手に伝わりやすいスマートなメールを心がけましょう。


株式会社タクシーサイト サポートセンター
平日10:00~12:00/13:00~17:30(土日祝定休)
E-mail : support@taxisite.com
TEL 03-5812-3444 / FAX 03-5812-3446